2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手作り食材 その3

果物
野菜では補えきれないビタミン、ミネラル源となる。
大量に摂取すると軟便になるので、少量ずつ与える。



{リンゴ}
ビタミンA、B群、リンゴ酸、クエン酸などの酸類やミネラルの他、
毒素の放出、心臓病リスクの減少、糖尿病の動物に有益な繊維質のペクチンを多く含む。


{バナナ}
カリウム、マグネシウムをはじめとするミネラルが豊富。


{アボカド}
タンパク質、ビタミンEの優れた供給源となる。
不飽和脂肪酸を多く含む他、皮膚トラブルの改善に効果がある。


{キウイ}
ビタミンCが豊富。
タンパク質を分解する酵素を持つので、消化の悪い豚肉の後に与えるといい。



その他の食材


{大豆製品}
大豆はタンパク質の他、脂質、ビタミンB群を豊富に含む。


{穀類・玄米・白米など}
デンプンを多く含み、犬にとっては消化しにくいものなので、
よく煮込んで少量ずつに与える。


{キノコ類}
シイタケ、シメジなどキノコ類には免疫を高める作用、コレステロ-ル低下作用などがある。
水分が多いので、1度干したもののほうが効果的に栄養を摂取できる。
たまに下痢や嘔吐をする犬もいるので、初めてあげる際は少量にする。


{海藻類}
昆布、ヒジキ、ワカメなどの海藻類は低カロリ-で、ミネラル、水溶性植物繊維が豊富。
コレステロ-ルや有害物質を体外に排泄する効果がある。


{種実・ナッツ類}
ゴマ、銀杏、栗、クルミなどの種実・ナッツ類は、
高タンパク質で、不飽和脂肪酸、ミネラルやビタミンを多く含む。
銀杏や栗を除いて、多くのものが脂質豊富でカロリ-が高めだから与えすぎには注意。
いずれも細かくして与える。


{植物油}
動物性脂肪にはあまり含まれない脂肪酸を多く含む。
カロリ-が高いので大量に採りすぎないようにする。


オリ-ブ油=オレイン酸が豊富で、動脈硬化や心臓疾患の予防に効果があるとされる。
他の油よりも酸化しにくいのが特徴。

シソ油、エゴマ油、フラックスシ-ドオイル=必須脂肪酸のオメガ3(アルファリノレン酸)を豊富に含む。
オメガ6(リノ-ル酸)は鶏や豚の脂身から摂取し、これら植物油からオメガ3を補うようにすればいい。
加熱せず、生で与える。


{ハ-ブ}
アルファルファやケルプ(海藻)、ロ-ズヒップなどいくつかのハ-ブは、
ミネラルやビタミンを補助するのに有効。


アルファルファ=あらゆるビタミンとミネラルを含み、肝臓の解毒を助ける。

パセリ=ミネラルとビタミンが豊富。
利尿作用や消化管への強壮作用もあるが、妊娠中や授乳中には与えないようにする。

ロ-ズヒップ=ビタミンCを供給する。レモンの20倍以上のビタミンCを含む。

ネトル=アレルギ-の軽減に効果があるとされる。




今回 バンブ-のご飯を新しく変えるのをきっかけに、
自分なりに分かりやすく?まとまめてみました。

ただの自己満なので間違ってるとこもあるかも。。。(汗)

今回、コメント欄閉じてます。
スポンサーサイト
2010年11月01日(Mon) | 食べ物 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。