2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手作り食材 その2

野菜
ビタミン、ミネラル、繊維質の宝庫である野菜。
カロチンやポリフェノ-ルなど 「フィトケミカル」は、植物性食品にのみ含まれ、
動物性食品からは摂取できない貴重な栄養素。
与えるときは、消化しやすいように細かく刻んで与える。



{アスパラガス}
新陳代謝を活発にし、疲労回復に効果がある。
カロチン、セレニウム、ビタミンCが非常に豊富。


{キャベツ}
胃腸の粘膜の代謝を活発にし、潰瘍に効果があるとされるビタミンUが摂取できる。


{ニンジン}
必要なミネラルとビタミンのほとんどを含む。
ガンや老化の予防になる抗酸化物質のベ-タカロチンが豊富。


{スプラウト}
モヤシ、カイワレ大根、豆苗、アルファルファなど、植物の新芽のこと。
成熟した野菜よりも多くの栄養素を含み、消化吸収がいい。
酵素が豊富なので、必ず生で与えることが大切。


{ナス科の植物 トマト・ナス・ピ-マン・ジャガイモ}
いずれも栄養豊富だが、必ず火を通して与える。
関節炎や寄生虫感染がある場合は摂取を控える。


{キュウリ}
利尿作用があるので、心臓病、高血圧、腎臓病の子に与えるといい。
火を通すと、鼓腸症を起こす場合があるので、できるだけ生で与える。


{セロリ}
マグネシウムと鉄を豊富に含むので、貧血防止にいい。


{ブロッコリ-}
スルフォファランという抗酸化物を多く含み、体内の解毒酵素を刺激し、優れた抗ガン作用を持つ。


{ホウレンソウ}
緑の色素となるクロロフィルには、血液中の毒素を解毒してキレイにする働きがある。
アクとなるシュウ酸が多く含まれるので、熱湯でゆで、流水にさらしてアクを抜いて与える。


{オクラ}
タンパク質の消化吸収を助ける成分を多く含む。
野菜の中ではエネルギ-が高く、カルシウムが多い。


{ゴボウ}
リグニン、イヌリンなど、食物繊維が豊富なことで知られる。
リグニンは、抗菌作用やガンを抑制する作用もあるとされる。
イヌリンは、腎臓機能の向上作用や利尿作用があり、血糖値の上昇を抑え、
糖尿病の予防にも効果がある。


{カボチャ}
野菜類の中でトップクラスのビタミンE含有量を誇る。
黄色のもととなるベ-タカロチンとビタミンCがともに働き、
体内での発ガン性物質の合成を予防する。


{ダイコン}
葉の部分は緑黄色野菜として、カロチン、ビタミンC、カルシウム、鉄分を豊富に含む。
根の部分には、ビタミンC、糖質分解酵素、タンパク質分解酵素、
脂肪分解酵素、解毒物質、抗ガン物質などを含む。


{ニガウリ・ゴ-ヤ}
苦味成分は、抗酸化物の一種。
ビタミンCも豊富だから、体内での活性酵素の発生を抑制する働きがある。


{白菜}
カリウムが豊富で、利尿作用がある。
発ガン性物質を抑制するインド-ル化合物が含まれる。


{レタス}
95%が水分。ビタミンB1、C、E、ベ-タカロチン、鉄分などを含む。


スポンサーサイト
2010年11月01日(Mon) | 食べ物 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。